アーバンノーディッグ PU10

情報BOX地中化計画 非開削対応

URBAN NODIG アーバンノーデック

情報・通信ケーブルの埋設工事に最適

1,工 法 の 特 長

  • ☆本工法は情報・通信ケーブルの埋設工事に最適な、新世紀の非開削工法。それが、アーバンノーディッグ 工法です。
  • ☆コスト削減・工期短縮–小さな立坑のみの掘削で施工できるため、少ない掘削土量で済み、掘削費用、復旧費用とも大幅に軽減できます。また、工期も開削工法に比べ約半分に短縮できます。
  • ☆環境保全—小さな立坑のみの掘削で施工できるため、産業廃棄物となる残土の発生を低減できます。また、地表の破壊も最小限で済みます。
    少ない人件費—1チーム6人と少ない人員で施工でき、人件費を削減できます。
  • 1.適応埋設管  :ガス用、上下水道用、電力、通信用鞘管他
  • 2.適応埋設管材質:ポリエチレン、塩ビ管、スチール他
  • 3.適応埋設管外径:φ25mm~φ600mm
  • 4.適応土質   :軟弱な粘性土~N値30程度の礫混土が可能

2,滑材注入システム


3,施工状況写真


  • ドリルヘッド貫入状況

  • ドリルヘッド貫入状況

  • ポリエチレン管引込開始

  • ポリエチレン管引込状況